人材派遣 アルバイト -Temporary Workers- main

個人 のためのサイト

自己破産の申し立てを行う際、弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかでその後の対応は大きく変わってきます。まず、弁護士に依頼する場合は、裁判所への書類作成から提出まですべて行ってもらえますし、即日面接制度を利用できますので、通常1から2ヶ月かかる破産手続きの開始決定がすぐに行われます。一方、司法書士には地方裁判所への訴訟代理権は認められていないので書類作成のみとなり、本人申し立てとなります。また、即日面接制度は適用されません。ただし、その分費用の差は生まれ、司法書士の方が5から10万円ほど安くなっています。自己破産を行う際には、お金を支払って面倒なことはすべてお任せするなら弁護士、時間や多少の法律の知識はあるがお金は無いという場合は司法書士に依頼するという風に区別できます。

Pick Up! おすすめ集