人材派遣 アルバイト -Temporary Workers- main

不動産・建築 の情報

不動産物件の賃貸契約書は、賃貸人と賃借人をそれぞれ甲乙として、双方の守るべき事項が全て列挙されており、双方がこれを遵守するという主旨で書かれているものです。 不動産契約の締結時には、この契約書に甲乙が共に署名して捺印し、物件を貸す側である甲と借りる側である乙の双方が、同じ内容の契約書をそれぞれ一通ずつ保持します。 この賃貸借契約書にもとづいて、物件の貸し借りが行われることになるわけですから、この契約書が法定な契約取引の根拠となるわけなので、契約期間中はこの契約書を大切に保管する必要があります。 なお、捺印に使用される印鑑は認印であり、実印ではありません。

Pick Up! おすすめ集

行政の政策に関する情報は内閣府のサイトで!